ニキビの治療は皮膚科で出来るのか?

ニキビの治療を皮膚科で行う時に、どのような治療法を行われているのでしょうか。今回は、皮膚科で行われるニキビの治療法をご紹介します。

 

皮膚科でのニキビ治療の内容を紹介!

 

ニキビ治療では、軽症の場合、薬物療法が行われます。まずは外用薬(塗り薬)が処方されますが、ニキビの状態によっては抗生剤、ホルモン剤といった飲み薬が処方されることもあります。

 

また、薬物療法の他にも、ケミカルピーリングや注射治療、レーザー治療といった治療法が行われることもあります。

 

以下にそれぞれの治療法の詳細をご紹介していきます。

 

<外用薬>

 

ニキビ治療のために処方される外用薬は、抗生物質が配合されたものと、毛穴詰まりをとる働きのある2種類の薬が処方されます。

 

抗生物質が配合された外用薬としては、アクアチムクリームとダラシンTゲルが主に処方されます。

 

毛穴詰まりをとる働きの外用薬としては、ディフェリンゲルとトレチノインが主に処方されます。

 

<飲み薬>

 

ニキビ治療として処方される飲み薬としては、抗生物質、ビタミン剤、ホルモン剤が処方されます。

 

抗生物質で処方される薬は、ルリッド、クラリス、ミノマイシンです。

 

ビタミン剤としては、ビタミンB2、B6、ビタミンCが、ホルモン治療としては、低用量ピルが処方されます。

 

<毛穴を取り除く治療>

 

毛穴詰まりを取り除くために、面皰圧出やケミカルピーリングという方法があります。

 

この方法で毛穴の詰まりを解消することで、ニキビの悪化を防いだり、ニキビの改善を早めることができます。

 

<その他の治療法>

 

重度の炎症が発生しているニキビや、クレーター状のニキビ跡の治療のため、患部に直接抗生物質やステロイド剤を注射する注射治療が行われることがあります。

 

また、アクネ桿菌の殺菌、面皰圧出時にレーザーメスで穴をあける、ニキビ跡のケアなどの目的としてレーザー治療も行われています。

 

ケミカルピーリングやレーザー治療は、保険適用外となるので他の治療法よりもコストがかかります。

 

痛みを感じる可能性もあるので、施術前にきちんと説明を受けるようにしましょう。

 

ここまで、皮膚科で行われるニキビ治療の内容をご紹介しましたが、いかかでしたでしょうか。

 

軽症のニキビの場合だと、症状に適した外用薬が処方されることが多いのですが、重症になるほど、レーザー治療などの保険適用外のコストのかかる治療法となっていく場合があるので、ニキビが酷くなる前に皮膚科で治療を受けることをお勧めします。

 

また、皮膚科治療でニキビが改善しても、生活習慣などを見直さない限りニキビは出来てしまうので、皮膚科での治療と並行して、生活習慣を見直すようにしましょう。

 

ニキビを皮膚科ではなくて自宅でお手軽に改善したい方は、エクラシャルムのようなニキビケア化粧品を使用するのもいいかもしれませんね。

 

>>ニキビに効く薬用ジェル「エクラシャルム」の詳細はこちら