ホルモンバランスがニキビの発生を左右する!?

ニキビとホルモン、なんとな〜く関係はありそうだけど、詳しくはわからない・・・。

 

そんな方、多いと思います。特に女性ホルモンは女性にだけ、男性ホルモンは男性にだけと考えがちですが、そうではないのです。

 

女性であるあなたにも男性ホルモンは作られているのですよ。

 

女性ホルモンに関しては、女性の体ならではの生理や妊娠などの働きを司るのが役目です。

 

そして、女性ホルモンは大きくプロゲステロンとエストロゲンの2つに分かれており、エストロゲンが、別名「美肌ホルモン」とも呼ばれ、ニキビを防いでくれるのです!

 

しかし、男性ホルモンは女性の体で増えすぎるとニキビの原因となってしまうのです・・・。

 

男性ホルモン優位の状態には要注意!

 

女性にも多少は作られる男性ホルモン。このホルモンが過剰に分泌されるとニキビが出来てしまう可能性が大きいのです。

 

ニキビ生成の要因となる男性ホルモンは、アンドロゲンというホルモン。このホルモンは、皮脂の過剰分泌を促してしまうことが分かっています。

 

それだけでなく、角質を異常に増やし、厚くしてしまう異常角化という状態を作り、毛穴が角栓によって詰まりやすくなってしまうのです。

 

そもそも、ニキビは、毛穴が詰まり、皮脂が溜まってしまうというのが始まりです。

 

よって、このホルモンは、ニキビが発生する要因を2つももっており、ニキビ肌に大きな影響を与えていることは間違いありません。

 

 

男性ホルモンが優位になる原因には、いくつかありますが、生活習慣の乱れが最たるものといえるでしょう。

 

食事や睡眠などの乱れによってホルモンバランスが乱れ、ストレスにつながります。

 

ストレスは、自律神経のうち交感神経を優位にしてしまいます。

 

交感神経は、男性ホルモンの分泌を促すため、その状態が続くと男性ホルモンが優位になり、ニキビに悩まされるという結果にいたる可能性が大きいのです。

 

ニキビ予防・改善には女性ホルモンの力!!

 

では、ニキビを撃退する女性ホルモンの働きを説明していきましょう。

 

先にも述べたように、女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2つに区分されます。

 

プロゲステロンは、皮脂の分泌を促すもので、エストロゲンは、逆に皮脂分泌を抑え、美肌作りに役立ちます。

 

そうすると、プロゲステロンはニキビ予防には関係ない・・・?と思われますが、実は、このホルモンは、男性ホルモンの働きをを抑える作用があるのです。

 

なので、この2つのホルモンバランスがうまく保たれれば、ニキビの発生は防がれるでしょう。

 

 

ここで、エストロゲンについてもう少し解説しましょう。

 

エストロゲンは、肌の角質層にある、水分を保持する力を持つセラミドを増やす作用をもっています。

 

その作用によって、水分たっぷりの潤い肌を保つことができるのですね。

 

角質層にセラミドがいっぱいだと、毛穴も簡単には塞がりません。よって、皮脂量が多かったとしても毛穴に溜まることはなく、ニキビにはならないのです。

 

 

これらのことから、エストロゲンは多ければ良いのか!と考えられがちですが、そうでもありません。

 

エストロゲン過剰の状態は、皮脂の分泌を抑えすぎてしまうことで乾燥肌を招く可能性があります。また、婦人病のリスクもあるのです。

 

よって、適度に皮脂も分泌され、潤いも保たれた方が良い・・・。バランスを維持することが大切なんです!!

 

 

女性ホルモンの働きを活発化させ、バランスを保つことで自然とニキビ知らずのお肌になっていきます。

 

意識しなければならないのは、「食事・睡眠・ストレス」などの生活習慣を規則正しく過ごすことですよ。

 

>>ニキビに効く薬用ジェル「エクラシャルム」の詳細はこちら