大人になって出来たニキビは治らない?対処法を探る

若い時と違い、大人になって出来る、いわゆる「大人ニキビ」ってなかなか治らないし、厄介なことに繰り返して出来てしまうこともあります。

 

では大人ニキビって、治らないのでしょうか?いえ、そんなことはありません。きちんと原因を探って、治す対策をしっかり施せば、多少は時間がかかっても改善できるのです。

 

大人ニキビの原因

 

大人ニキビの原因ですが、思春期と違い、皮脂の過剰分泌が原因ではなく、毛穴の角質が毛穴を塞ぎ、皮脂が詰まって肌の常在菌のアクネ菌が過剰繁殖してしまい、大人ニキビとなります。

 

毛穴を角質が塞ぐのは乾燥が原因です。また現代人の不規則な生活、ジャンクフード、ストレスや睡眠不足からなるホルモンバランスの乱れにより、大人ニキビが出来てしまうことが多々あります。

 

つまり、乾燥とホルモンバランスの乱れが大人ニキビの出来る大きな原因なのです。

 

ですから、この「乾燥」と「ホルモンバランス」を軸に大人ニキビの対策は考えた方が良いと思います。

 

大人ニキビの種類

 

さて、出来てしまった「大人ニキビ」ですが、出来てしまった状態から大きく段階が4つに分けられます。

 

その段階ごとにケアの仕方も変わってきますのでそれをご紹介させてください。

 

1)白ニキビ  

 

白ニキビは別名「コメド」と言われ、ニキビの初期状態のものです。

 

単純に毛穴に汚れが詰まっているものだけですので、毛穴を丁寧に洗浄し、その後、保湿して余分な皮脂分泌を防げばいいのです。

 

ここでは、必要な皮脂を残したまま、毛穴の汚れを落とすということが重要となります。過剰な洗浄は乾燥を招きますので、乾燥は先ほど述べましたように、大人ニキビの原因となります。

 

2)黒ニキビ   

 

白ニキビが少し進行したまだ初期段階のニキビです。

 

正しいケアをしてあげれば、改善は早いうちに見込めます。黒ニキビは元々黒くなく、白ニキビの毛穴に汚れが溜まったものが酸化して黒くなったニキビです。

 

毛穴の汚れが酸化して黒く変色したものなので、お手入れは白ニキビと同じ丁寧な洗顔が基本となります。

 

ここで毛穴の汚れとありますが、毛穴に負担をかける毛穴パックを使用する場合は、注意が必要です。

 

汚れがポコッととれた毛穴は大きく開いてしまい、再び新たな汚れが入ってしまう恐れがあるのです。

 

せっかく汚れが取れたのにまた汚れが入るという、負のスパイラルにならないように気を付けてくださいね。毛穴パックをしたら、毛穴をキュッと締めるような化粧水を使いましょう。

 

3)赤ニキビ   

 

 

赤く腫れあがって痛痒くなり、見た目も目立ち、炎症ニキビと言われます。

 

白、黒ニキビが炎症を起こして出来る場合や突然出来る場合もあります。

 

また厄介なことにニキビ跡が出来やすいのです。でも「治らない」と思わないでください。治すポイントですが、肌を清潔にキープすることです。日中は絶対に患部に触らないこと。

 

手にはいろんな菌がついていますのでその菌が赤ニキビの患部につくとさらに悪化してしまいます。

 

内側からのケアも必要になってきます。ビタミA,C,Eなどが入った野菜や果物をしっかりとり、炎症を抑える成分の入ったニキビ専用の化粧品を使うことがポイントです。

 

4)黄ニキビ  

 

赤ニキビがひどくなり、膿をもってしまったものです。

 

ここまでくると「治らない」と諦めてしまう方もいらっしゃるかもしれません。あきらめないでください。

 

まずは「触らない、つぶさない」「清潔第一」です。優しい洗顔を心がけ、患部を清潔に保ち、抗炎症作用成分配合の化粧品を使用します。

 

黄ニキビは残念ながら跡が残りやすいのが難点なのですが、ここでお勧めはビタミンC配合の美容液を使用することです。

 

これはビタミンC配合の美容液が皮下組織の一番下の真皮層にアプローチをかけてニキビ跡やシミを作るのを防いでくれるのを利用します。

 

ビタミンCが高濃度配合で肌の奥まで浸透させてくれる力があるという美容液をチョイスしてください。

 

大人ニキビが出来てしまい、「治らない」とあきらめる前に、なったら症状を見極めて適切なケアを心がけてください。

 

「治らない」ではなく、「治す」と強く美肌へのアプローチをかけましょう。

 

>>ニキビに効く薬用ジェル「エクラシャルム」の詳細はこちら