寝不足はニキビの天敵!?寝不足とニキビには大きな関連があるのです!

寝不足は肌に悪いよね〜こんな意見は、よく聞くのではないでしょうか??

 

そうなればもちろん、寝不足とニキビにはなにか関係性がありそうですよね。

 

今回は、そんな睡眠とニキビの関係を解説していきますよ。

 

そもそもニキビ肌といったダメージを受けた肌が修復されるのは、睡眠中なのです。睡眠中は、肌の再生を促し、ピチピチの水分量を維持する働きをもつ成長ホルモンが分泌されるのです。

 

美しい肌には必要不可欠な働きを持つものなので、寝不足なんて本末転倒となりますね!

 

よって、ニキビ予防もしくは修復に必要なのは、寝不足を改善し、睡眠の質と時間を見直すことなのです。

 

ニキビ予防・修復に必要な睡眠の“質”と“時間”

 

寝不足だから、たくさんの時間眠ればニキビ肌に悩むことはないんだ!!とは、いきませんよ。

 

実は、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠してから3〜4時間なのです。また、ニキビ予防・改善を考えるなら、脳がしっかり休めて熟睡している状態、ノンレム睡眠の時間が取れていなければならないのです。

 

よって、眠りについてから3〜4時間でどれだけ深く眠れるかがニキビ予防のポイントなのです。睡眠の“質”が重要なのですね。

 

 

人間は体温が下がってきた状態で眠気を感じます。

 

その上で、入浴を就寝の2〜3時間前に行い、体を温め、徐々に体温が下がってきたあたりで睡眠に入ることで熟睡できるでしょう。

 

また、注意が必要なのは、眠る前にスマホやパソコンを使用することです。

 

スマホやパソコンが発するブルーライトは、睡眠を司るホルモンであるメラトニンのバランスを崩してしまいます。

 

質の良い睡眠を取るためには、眠りにつく2〜3時間前には使用を控えたほうがよいですね。

 

 

一方で、ニキビ予防・修復には肌が新陳代謝を行うことが必要です。この新陳代謝が活発に行われるのも眠っている時なのですよ!

 

寝不足を解消し、肌の新陳代謝を促しましょう!

 

多少の肌トラブルがニキビなどに発展しないのは、肌の新陳代謝機能によって、新しい皮膚が常に作られているからです。

 

この新しい肌への再生をターンオーバーというのですが、ターンオーバーのサイクルに異常が生じてしまうと、古い皮膚がそのまま残ってしまい、新しい細胞への入れ替わりが遅れてしまいます。

 

そうなると角質層の機能が低下してしまい、ニキビトラブルの原因となってしまうのです。

 

そうならないためには、ターンオーバーが活発に行われなければなりません。

 

このターンオーバーも基本的には睡眠中に活発化するんです!!

 

先に述べた入眠から3〜4時間で分泌されやすくなる成長ホルモンが、ターンオーバーも活性化してくれるため、寝不足などでその働きを阻害しないようにしなければなりませんね。

 

 

休み始めてから3〜4時間でしっかり熟睡することで、新陳代謝に必要な成長ホルモンがしっかり分泌され、ニキビ肌を解消できるといえるでしょう♪

 

>>ニキビに効く薬用ジェル「エクラシャルム」の詳細はこちら