ニキビができやすい年齢ってあるの!?大人ニキビができる年齢を知っておこう!

ニキビは思春期にできるもの。そうお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、20代以上の方にもニキビができてしまうのです・・・。いわゆる大人ニキビというものですね。

 

大人ニキビは、20代から40代ごろまでという年齢層で悩まされてしまうものなのです。

 

今回は、大人ニキビができやすい年齢とともに、その年齢なりのニキビの原因&対策をお伝えしたいと思います。

 

ニキビが出来やすい年齢って・・・?

 

いわゆる思春期のニキビは中・高生によくみられますよね。あのニキビは、主にホルモンバランスの乱れが原因といわれています。

 

では、大人ができるニキビはというと、20代以降にみられるのですが、特に30代が大人ニキビが出来やすい年齢のようです。

 

30代前半は、女性であれば仕事に子育てと忙しく、疲れがたまりやすい年齢ですよね。

 

そこでストレスが溜まってしまったり、食生活や産後のホルモンバランスが乱れてしまったりで、ニキビが出来やすくなってしまうのです。

 

また、30代という年齢は、皮脂量も最も多いため、上記のようなストレスなどと相まってニキビが出現してしまいます。

 

逆に40代になり、年齢が高くなるにつれて皮脂量も減っていくことで、ニキビに悩まされることも少なくなるようですよ。

 

大人ニキビの原因&対策について

 

大人ニキビは肌の再生力の低下が原因!?

 

では、なぜそのニキビがでてきてしまうのかについては、20代、30代という年齢特有のストレスや産後のホルモンバランスの乱れ、

 

睡眠不足や生活リズムの乱れなどによって肌の再生力が低下してしまうからなのです。

 

肌は、常に生まれ変わっています。これをターンオーバーというのですが、このターンオーバーの遅れによって、

 

古い角質が表皮に残ってしまい、毛穴を詰まりやすくし、ニキビができてしまう原因となっているのです。

 

ターンオーバーの遅れは、先にあげた様々な生活リズムの乱れによっても助長されるだけでなく、年齢が高いことにも関係があるため、

 

高年齢であるほど肌の再生力に気を付けなければ、簡単にニキビ肌を生み出してしまいます。

 

 

以上のように、大人ニキビはその年齢特有のストレスや生活習慣の乱れから生まれてしまっているといっても過言ではありません。

 

では、大人ニキビができないようにするには、どうすればよいのでしょうか・・・?

 

大人ニキビを繰り返さないために・・・3つの対策☆

 

1.生活習慣を見直す

 

まずは、自分の生活習慣を見直してみることから始めましょう。お仕事や子育てでストレスが溜まっているなら少し息抜きをしてみましょう。

 

睡眠時間短くなっていませんか?肌の再生や修復は、寝ている間に分泌される成長ホルモンによって行われます。最低でも6時間は眠りましょう。

 

また、食生活はどうですか?タンパク質は、肌のターンオーバーを促進する働きをもっています。また、ビタミンB群やミネラルを多く摂取し、

 

バランスの良い食事を意識しましょうね。

 

2.洗顔を正しく行う

 

洗顔は1日に2回行いましょう。洗い方は、ゴシゴシ強く洗わないこと。そうすると必要な皮脂までもが洗い流されてしまい、肌がカサカサになり、

 

更に皮脂が過剰に分泌され、ニキビの要因となってしまいます。優しく洗い、ぬるま湯で流してください。

 

3.適切な保湿スキンケア

 

大人ニキビが出来てしまう年齢になると、肌が乾燥しがちになり、水分量が低下してしまいます。

 

肌の水分が不足すると、今度は油分でカバーしようと皮脂が多くなってしまいがちです。

 

肌の保湿力を高めるために、セラミドを配合したスキンケアを行うことで、ニキビ知らずのお肌が目指せますよ。

 

 

今回は、20代から30代にかけてニキビが出来やすい年齢であり、その背景には生活習慣が大きく関係していることがわかりましたね。

 

また、年齢を重ねるにつれお肌の再生力は低下し、乾燥しやすくなっているため、よりスキンケアには気を付けてニキビ予防をしていきましょう。

 

>>ニキビに効く薬用ジェル「エクラシャルム」の詳細はこちら