ニキビ予防に運動が効果あるって本当なの?

朝、起きて鏡を見ると、ニキビがポチッと顔に出来て、がっかりした経験、皆さんあるのではないでしょうか?

 

色白で陶器のようなきめの細かいお肌が私たちの理想です。それなのに,ポチッとのニキビは言わずもがなの美肌の敵。このニキビ予防対策として、ニキビ専用化粧水、ニキビ菌防止クリーム、洗顔、食事療法などがスタンダードな対策ですが、なんと今、運動がニキビ予防に効果があると研究報告が上がっているのです。

 

運動によって流れる汗にヒントが隠されているとのこと。

 

ここで、ニキビと汗の切っても切り離せない関係、汗をかく運動がいかに美容によい影響を与えるのかを見てみましょう。

 

運動がニキビに良いワケとは・・・?

 

運動して汗をかき、ニキビを予防する

 

汗って、「嫌な臭い」、「小汚い」というような負のイメージが付きまといますが、ご存じでしたでしょうか?汗には良い汗と悪い汗があります。

 

《良い汗とは》 

 

さらさらとした小さな粒状の汗で蒸発しやすく、体内に必要な成分を残したまま、体温調節の役割を担う。

 

《悪い汗とは》

 

なかなか蒸発せず、体温調整の役割も果たない上、体内に必要なミネラル成分なども一緒に排出してしまう上、毒素を持ち、悪臭を放って放置するとニキビの原因となったりすることもある。

 

ここで注目すべきが「良い汗」なのです。そもそも汗の役割は「体温調整」なのですが、なんと「乾燥予防」、「デトックス」という、ニキビ予防対策も「良い汗」で出来てしまうそうです。汗をかくと水分が足りなくなり、乾燥するのでは?とこれは、なんとなく思いがちですが、なんと「良い汗」が角質層を潤わせてくれるのです。

 

これは身体を動かしてかいた汗は9割以上水分という、お肌の最高の化粧水と化し、しかもその汗は弱酸性でニキビ菌などの雑菌が繁殖するリスクを減らしてくれるのです。この効果でニキビ予防効果がグッと高まるのです。

 

運動して汗をかいてデトックス

 

体内に溜まった毒素は通常、尿、便、汗、毛髪から排出されますが、運動することにより、身体から、顔から汗を沢山かいて、毒素や老廃物を排出することにより、ニキビなどの肌荒れ、トラブルの改善にアプローチをかけることが出来るのです。

 

運動することで汗をかく

 

汗をかく運動はたくさんありますが、お金もかからずにリフレッシュできる運動には「ウォーキング」がお勧めです。

 

全身の筋肉の約80%を使うので、ダイエット効果もありますし、自分のペースで時間、距離も調整できるという良いことずくめなのです。

 

またウォーキングは有酸素運動ですので、20分以上で体脂肪が燃え始めます。最初はゆっくりご自分にあったペースで行いましょう。

 

また他の有酸素運動では、ヨガやエアロビクスもお勧めです。

 

ここでしっかり運動した後はシャワーで汗を洗い流しましょう。良い汗も悪い汗もしっかりと流した後は、気分も身体もさっぱり、すっきりしますね。毒素が抜けたお肌はとても綺麗で清々しいです。

 

デトックスした後に化粧水を顔につけると、デトックス後のお肌はぐんぐん浸み込んでいきます。お肌を瑞々しくするためにも、たっぷりと浸み込ませましょう。

 

そして、洗顔後、ニキビ予防化粧水を使うと、ニキビ予防効果がグッと上がります。運動して、体内の不要物質や老廃物をデトックスしながら、美肌に効果ある化粧水を使い、ニキビ予防もするのが理想です。

 

>>ニキビに効く薬用ジェル「エクラシャルム」の詳細はこちら